SIGLENT SDS1000X HDシリーズ デジタル・オシロスコープ(型番:SDS1204X HD、200MHz、4CH、12Bit)
  • SIGLENT SDS1000X HDシリーズ デジタル・オシロスコープ(型番:SDS1204X HD、200MHz、4CH、12Bit)
  • SIGLENT SDS1000X HDシリーズ デジタル・オシロスコープ(型番:SDS1204X HD、200MHz、4CH、12Bit)
  • SIGLENT SDS1000X HDシリーズ デジタル・オシロスコープ(型番:SDS1204X HD、200MHz、4CH、12Bit)
  • SIGLENT SDS1000X HDシリーズ デジタル・オシロスコープ(型番:SDS1204X HD、200MHz、4CH、12Bit)

製品名

SIGLENT SDS1000X HDシリーズ デジタル・オシロスコープ(型番:SDS1204X HD、200MHz、4CH、12Bit)

価格

396,000円(税込)

型番

SDS1204X HD

メーカー

用途

概要

・高分解能12ビットADC搭載
・周波数帯域: 100 MHz、200 MHz
・チャンネル数: 2/4
・最高サンプルレート: 2 GSa/s
・最大レコード長: 100 Mポイント
・最高波形キャプチャレート: 120,000 wfm/s(ノーマルモード)、500,000 wfm/s(シーケンスモード)
・10.1インチ タッチスクリーンLCD

 

■12ビット高分解能ADC搭載
 

Siglent SDS1000X HDシリーズは、12ビット高分解能ADCと低ノイズ・フロントエンドを採用した次世代オシロスコープで、従来の8ビット・オシロスコープの16倍の信号分解能を実現しています。SDS1000X HDシリーズは、従来の8ビットオシロスコープと比較して、信号の詳細をより細かく表示し、より精密で確度の高い測定を実現します。

 

 

■7種のデコードを標準搭載
SDS1000X HDは、I2C、SPI、UART、CAN、LIN、CAN FD、FlexRayのデコード機能を標準搭載しており、デコード結果を16進数、10進数、2進数、ASCII形式で表示でき、2つのパラレルバスを同時にデコードすることも可能で、それぞれ画面左側にグラフィックアイコンで表示されます。さらに、”Copy to trigger “機能により、信号とバスの設定をトリガの設定に反映させることができます。  

 

 

■FFT機能
  ハードウェア・アクセラレーションによるFFT機能により、最大演算点数は2Mptsで、高いスペクトル・リフレッシュ・レートを維持しながら、優れたスペクトル解析機能を提供します。FFTは複数の窓関数や、ノーマル、アベレージ、Maxホールドの3つのモードをサポートし、ピークポイントを自動的にマークし、リストを作成することができます。

 

 

■電力解析機能
電力解析機能は、電源品質、高調波、突入電流、スイッチング損失など、パワーエレクトロニクス分野のさまざまな項目を迅速に測定、解析するのに役立ちます。  

 

 

 

■16デジタルチャンネル
 

16のデジタルチャンネルを追加することができ、アナログ・デジタル混合信号を観測することができます。

 

 
モデル 帯域幅 チャンネル サンプリングレート 波形更新レート メモリ容量
SDS1102X HD 100MHz 2 + EXT 2GSa/s (インターリーブモード) 500,000 wfm/s (シーケンスモード) 100 Mpts/ch (インターリーブ・モード)
SDS1202X HD 200MHz 2 + EXT 2GSa/s (インターリーブモード) 500,000 wfm/s (シーケンスモード) 100 Mpts/ch (インターリーブ・モード)
SDS1104X HD 100MHz 4 + EXT 2GSa/s (インターリーブモード) 500,000 wfm/s (シーケンスモード) 100 Mpts/ch (インターリーブ・モード)
SDS1204X HD 200MHz 4 + EXT 2GSa/s (インターリーブモード) 500,000 wfm/s (シーケンスモード) 200 Mpts/ch (インターリーブ・モード)