MICSIG  MDOシリーズ  デジタル・オシロスコープ(型番:MDO5004、500MHz、4CH)
  • MICSIG  MDOシリーズ  デジタル・オシロスコープ(型番:MDO5004、500MHz、4CH)
  • MICSIG  MDOシリーズ  デジタル・オシロスコープ(型番:MDO5004、500MHz、4CH)
  • MICSIG  MDOシリーズ  デジタル・オシロスコープ(型番:MDO5004、500MHz、4CH)
  • MICSIG  MDOシリーズ  デジタル・オシロスコープ(型番:MDO5004、500MHz、4CH)

製品名

MICSIG MDOシリーズ デジタル・オシロスコープ(型番:MDO5004、500MHz、4CH)

価格

572,000円(税込)

型番

MDO5004

メーカー

用途

概要

・周波数帯域: 500 MHz
・チャンネル数: 4
・最高サンプルレート: 3 GSa/s 
・最大レコード長: 360 M ポイント
・最高波形キャプチャレート: 230,000 wfm/s
・14インチ タッチスクリーンLCD

 

■Micsigの第5世代デジタル・ストレージ・オシロスコープ
 

Micsigの第5世代オシロスコープのMDOシリーズは、周波数帯域500MHz、サンプリング・レート3GSa/s、4アナログ・チャンネル、360Mポイント・メモリなど優れた性能を備え、省スペースで壁/アーム・マウント可能な3.58cm薄型ボディ、比類のない波形表示をもたらす解像度1920 x 1200の14インチ・タッチスクリーンなど機能も優れています。

 

 

■フレンドリーなユーザー・インターフェース
計測器専用のSigTestUI™ オペレーティング・システムを搭載しました。10年間のUI設計経験の蓄積により、MDOシリーズはすべてのユーザー・インターフェースを簡素化するために進化しており、新しいエンジニアでも5分ですぐに使い方を習得できます。  

 

 

■完全な接続性
  独自のMic-OPI™プローブ・インターフェイスはパッシブ・プローブの減衰比を自動的に識別し、ワンクリックで自動校正を実施します。入力コネクタは標準的なBNCであり、USB 3.0ホスト、USB Type-C、LAN、HDMI、トリガ出力なども備えています。

 

 

■低ノイズ・フロア
MDOシリーズのノイズフロアは500MHzフル帯域で90μVrms未満です。回路デバグのときにレベルが低い重要な信号を正確に捕捉できます。  

 

 

■深いメモリ長とセグメント記録
 

最大360Mポイントの深いメモリ長により優れた信号忠実度を実現します。深いメモリ長を複数の小さなセグメントに分割して波形を取り込むセグメント記録も可能であり、長期間にわたって波形を複数回取り込んで記録して解析のために後から再生することができます。

 

 

■ハードウェア・デジタル・フィルタ
ハードウェアによるデジタル・フィルタで、特定の周波数範囲内の信号成分を選択的に通過またはブロックできるため、信号の周波数帯域を解析したり、周波数成分の変化を観察したりするのに非常に役立ちます。  

 

 

■包括的な選択が可能なプローブ
 

MDOシリーズは、標準のパッシブ・プローブに加えて、光絶縁プローブ、高電圧差動プローブ、AC/DC電流プローブなど、すべてのMicsigプローブへの接続をサポートしており、組み合わせることでプローブとオシロスコープの性能を最大化できます。