SIGLENT SDG6000Xシリーズ 任意波形ファンクション・ジェネレータ(型番:SDG6032X、300MHz、2チャネル)
  • SIGLENT SDG6000Xシリーズ 任意波形ファンクション・ジェネレータ(型番:SDG6032X、300MHz、2チャネル)
  • SIGLENT SDG6000Xシリーズ 任意波形ファンクション・ジェネレータ(型番:SDG6032X、300MHz、2チャネル)
  • SIGLENT SDG6000Xシリーズ 任意波形ファンクション・ジェネレータ(型番:SDG6032X、300MHz、2チャネル)
  • SIGLENT SDG6000Xシリーズ 任意波形ファンクション・ジェネレータ(型番:SDG6032X、300MHz、2チャネル)

製品名

SIGLENT SDG6000Xシリーズ 任意波形ファンクション・ジェネレータ(型番:SDG6032X、300MHz、2チャネル)

価格

597,520円(税込)

型番

SDG6032X

メーカー

用途

概要

主な特徴

・デュアル出力チャンネル
・最大500 MHzの出力周波数
・2.4 GSa/sのサンプリングレート、16 bitの垂直分解能
・最大150 MHzのパルス周波数、 最小1 nsまで調節可能な立ち上がり/立ち下がり時間
・TrueArbテクノロジー、2 ~ 20 Mptsのメモリ長(任意波形)
・IQ信号、PRBS、ノイズジェネレータ主要特性

■6種類の機能を1台に集約したシグナルジェネレータ
 
 
連続波ジェネレータ – 最大500 MHz
パルスジェネレータ – 最小1 nsの立ち上がり時間、低ジッタ
任意波形/ファンクションジェネレータ – 6種類の基本波形と最大190種類の内蔵任意波形
IQ信号ジェネレータ – IQベースバンドとIF IQ信号の出力
ノイズジェネレータ – 帯域幅の調節に対応したガウスホワイトノイズの出力
PRBSジェネレータ – ビットレートとエッジの調節に対応したPRBS信号を出力
 
   
 

 

■革新的なEasyPulseテクノロ

 
従来のDDS方式では、サンプリングレートと出力周波数の関係が整数倍でない場合、1サンプリング周期のジッタが発生しますが、EasyPulseテクノロジーはこの課題を完全に解決することができます。低ジッタの矩形波とパルスの出力に加え、以下のような利点があります。最大150 MHzのパルス周波数
立ち上がり時間と立ち下がり時間を個別に最小1 nsまで調節可能
パルス幅は最小3.2 nsまで微調節が可能
最小0.001%のデューティ比
低ジッタ

 

 
 
■TrueArbテクノロジ
 
 
TrueArbテクノロジーは、従来のDDS方式よりも低ジッタかつ低歪みの出力が可能です。また、任意波形をポイントごとに出力する機能も備えています。波形データを漏らすことなく出力できる他、次のような利点があります。20 Mptsのメモリ長(任意波形)により詳細なデータを保持
16 bitの垂直分解能、優れた信号忠実度
標準付属のPCソフト「EasyWave」で、目的に応じた任意波形を生成・出力

 

■ベクトル信号ソース
 
 
SDG6000Xは、ASK、FSK、PSK、QAM等の一般的に使用されているIQ変調をサポートしています。また、IQ変調のベースバンドソースとして用いることができます。

  • 最大500 MHzのキャリア周波数
  • 最大37.5 MSymb/sのシンボルレート
  • 標準付属のPCソフト「EasyIQ」は、複数のIQ変調タイプをサポート

 
 
■PRBS機能
 
  • PRBS3 ~ PRBS32の複数パターンの出力に対応
  • TTL LVCMOS、LVPECL、LVDSなど様々なロジックレベルのプリセットが可能
  • 最大300 Mbpsのレート
  • 立ち上がり時間と立ち下がり時間の調節が可能

 

標準付属品
クイックガイド USBケーブル 電源コード
                                                                           

 

 

 

モデル 帯域幅 チャンネル サンプリングレート メモリ長
SDG6022X
200MHz 2.4GSa/s

20Mpts

SDG6032X
300MHz 2.4GSa/s

20Mpts

SDG6052X
500MHz 2.4GSa/s

20Mpts

 

 

 

■SDG6000X オシロスコープの製品紹介ビデオ↓